期間工の求人のおすすめ募集

日本経済は2008年に発生したサブプライムショックとリーマンショックにより為替市場が急激な円高になり、国内輸出産業である自動車、精密機器業界を中心に期間工や派遣社員の雇い止めが多発。
アウトソーシング契約の中途解約も多数発生して労働市場は大混乱に陥りました。

この経済ショックから抜け切れぬまま2011年に発生した東日本大震災は国内の製造業におけるサプライチェーンが一時的に寸断されて国内製造業の存続に関わる問題に発展。



その結果、日本企業はBCP体制を強化するに至りました。


このような歴史的な背景から、国内製造業のメインである自動車産業は低賃金と批判の多かった製造業派遣社員の活用から期間工の活用に軸足を移しています。


中でも求人情報を精査すると、トヨタやホンダの期間工の待遇はおすすめに価する変化と見ることが出来ます。具体的には、求人に際して赴任手当が支給されることが上げられます。

日本経済新聞情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

募集求人に赴任手当が明記され、本人が赴任後一定期間が経過すれば支給されます。同様に途中で投げ出すことがなく一定期間経過すれば、食事手当が支給されます。
もちろん、自動車メーカーの場合は無料の独身寮が完備されていて、派遣元が用意するようなシェアハウスではなく、プライバシーがきちんと配慮されたタイプになっているのもおすすめのポイントです。



また、期間満了まで無遅刻・無欠勤を続けていれば、契約満了時にまとまった満了一時金が支給されるのも自動車メーカーでの期間工をおすすめする最大の理由です。